シフォンケーキ

シフォンケーキが膨らみすぎ!原因や成功の見分け方や冷まし方や保存方法と焼き縮みや底上げの原因と防止する方法をご紹介!

シフォンケーキが膨らみすぎ!原因は何が考えられるかですが…

生地の量が多い、生地とメレンゲを混ぜすぎている、底上げの状態が考えられます。

こちらの記事では…

シフォンケーキを焼いた時の成功の見分け方についてや

焼き縮みの原因や防ぐ対策についてや

底上げの原因と防ぐ対策もまとめおり

シフォンケーキの冷まし方や保存方法もご紹介します。

これからシフォンケーキを焼く方は、シフォンケーキの型を探しておられる方もいらっしゃると思います。

下記のサイトでは…

シフォンケーキの型から材料やラッピング用品まで

手作り用品はなんでも揃っているサイトになります!

シフォンケーキや他のケーキのレシピも無料で見れるので

良かったら検索してみてくださいね♪  ↓↓

プロも愛用!安心安全の材料と豊富な品揃えが自慢の【cotta】

 

シフォンケーキが膨らみすぎ!原因は? 

ふわふわの食感が魅力のシフォンケーキ。見ているだけで幸せな気持ちになりますよね。

手作りスイーツとしても人気のシフォンケーキは、お家で作りやすい反面、失敗をしている方も多いのではないでしょうか。

自宅でシフォンケーキを作る際に多い失敗が…「膨らまない」ことです。

こちらは卵白の泡立て不足や生地の混ぜすぎなどが原因で起こるようです。では、逆に膨らみすぎるのはどうしてでしょうか。

原因を調べました。

シフォンケーキが膨らみすぎて崩れる原因として挙げられるのが…

  • 型に対して生地の量が多すぎる
  • 卵黄生地とメレンゲを混ぜすぎている
  • 底上げの状態になっている

などです。

まず「型に対して生地の量が多すぎる」ことについては、型の8分目を目安に生地を入れることで解決します。

生地が余ってもったいないと感じたときは、小さい型を使ってもう1つ焼きましょう。

2つめの「卵黄生地とメレンゲを混ぜすぎている」に関しては、混ぜすぎてメレンゲの気泡が潰れてしまっていることが考えられます。

混ぜるときは、メレンゲの気泡がつぶれないよう丁寧に優しく混ぜることがポイントです。

3つめの「底上げの状態になっている」については、後ほど詳しく解説しますね。

 

シフォンケーキの成功の見分け方は?ふわふわに焼けた!成功例をご紹介 

では、シフォンケーキを焼いた時に成功した時は、どういう状態のことをいうのでしょうか。

SNS上で調べましたので、成功例をご紹介します。

 

見るからに美味しそうですね♪

成功例から見る成功したシフォンケーキの見分け方は…

  • ふんわりしていて高さがある
  • 焼き縮みがない
  • 底上げの状態になっていない

確かにお店で売っているシフォンケーキは、生地が均等に膨らんでいて高さがありますよね。

焼き縮みがないので口どけが柔らですし、もちろん底に空洞もありません。

目指すべきは「高さがあってふわふわ食感」のシフォンケーキということがわかりました!

 

シフォンケーキの焼き縮みの原因は?防止する方法をご紹介! 

うまく焼きあがったシフォンケーキは焼き縮みがありません。

でも、「焼きあがったときはふっくらしていたのに、なぜか時間がたつとしぼんでしまう」という経験をされている方は多いはず。

ここで、「焼き縮みの原因」と「焼き縮みを防ぐ方法」をご紹介しますので、参考にしていただければ嬉しいです。

焼き縮みの原因

焼き縮みの原因として考えられるのは3点です。

① 砂糖の量が不足している

ちょっと甘さ控えめのシフォンケーキを作りたい、とレシピの分量より砂糖を減らして作っていませんか。砂糖はメレンゲの気泡を維持する役割があり、減らしすぎると気泡が保たれずシフォンケーキがしぼんでしまう原因となります。

② メレンゲの泡立て不足

ふわふわのシフォンケーキを作るカギとなるメレンゲ。メレンゲの泡立て不足も焼き縮みの原因のひとつです。

③ 型に油を塗っている

シフォンケーキは型にくっつくことで膨らみを維持します。型に油を塗ってしまうと、生地が型にくっつかなくなり、結果しぼんでしまう原因となるのです。

 

焼き縮みを防止する方法

原因がわかったところで、防ぐ方法を考えていきましょう。

① 砂糖の量を減らさない

甘さを控えたい気持ちはわかりますが、砂糖はレシピ通りの量で作りましょう。砂糖は甘さに関係するだけではないのです。

 

② メレンゲはしっかり泡立てる

ハンドミキサーを使用し、固すぎず柔らかすぎない絶妙なメレンゲを作りましょう。

ポイントは砂糖を3回程度に分けていれることです。一気に砂糖をいれてしまうと、重さで泡立てにくくなるためです。

シフォンケーキに最適なメレンゲは、角がふんわり曲がる程度まで泡立てた状態です。

 

③ アルミ製の型もしくは紙製の型を使用するし、油は塗らない

生地が型にくっついて膨らみを維持できるよう、アルミ製の型もしくは紙型を使用することをおすすめします。

型に油を塗る必要はありません。

 

シフォンケーキ 底上げの原因は?防止する方法をご紹介! 

焼き縮みと並んで多い失敗が底上げ。底上げとは底面に大きな空洞ができている状態を言います。

うまくできたと思って型からはずしたら、底に大きな空洞ができていた時のショックはかなり大きいものです。

底上げの原因と防ぐ方法を調べました。

底上げの原因

底上げの原因は

① 生地が乳化不足

卵黄生地を作る際に、うまく乳化していないと生地が型にくっつかず空洞ができてしまう原因となります。

油を水が抱き込むような、安定した乳化の状態を作ることが必要です。

 

② 焼成温度が低すぎる、または焼き時間が短い

オーブン内の温度が低すぎたり、焼き時間が短すぎたりすると底部分の焼きが甘くなり、底上げになりやすいのです。

オーブンはそれぞれ癖があり、焼き具合を調整するのがなかなか難しいこともあります。

 

③ 底部分に空気が入ってしまっている

型に生地を流し込んだ際に、どうしても空気が入ってしまうことがあります。

特に、抹茶やココアなど粒子が細かいものを生地に入れているときは、空気が逃にくく、空洞が空きやすいので注意が必要です。

 

底上げを防止する方法

では、ひとつひとつ原因を解決していきましょう。

① 卵黄生地をしっかり混ぜて乳化させる

生地にツヤがでるまでしっかり混ぜます。

ホイッパーだとうまくいかない方は、ハンドミキサーを使ってみてください。

 

② オーブン温度計を使う

先ほどお伝えしたとおり、オーブンには各々癖があります。

ですので、レシピに書いてある温度に設定していても、実際のオーブン庫内は設定温度になっていないケースがあります。

これの解決策としては、オーブン温度計で庫内温度を確認しながら焼くことです。

安いものだと500円くらいから買えますので、チェックしてみてくださいね。

 

③ 空気抜きをする

生地を型に入れた後、生地を竹串などでぐるぐるまわすことで空気抜きができますよ。お試しください♪

 

シフォンケーキ冷まし方や保存方法 

シフォンケーキは生地の冷まし方もポイントです。

冷ますときは、瓶などにさし、逆さにして冷まします。

シフォンケーキの独特の冷まし方で「これで合ってるの…?」と皆さん言われますが合っています!

逆さまにすることで、生地の中の蒸気を逃がし、ふわふわのシフォンケーキに仕上げるのです。

焼いてから、4時間ほど冷ましm完全に冷めてから型から外すようにしましょう。

 

保存方法ですが…

シフォンケーキは常温保存で2日ほどもちます。

冷蔵庫で保管する際は、密封出来る袋に入れておくと乾燥を防ぐことが出来ます。

ラップに包んで密封できる袋に入れて冷凍保存もできますので、食べきれないときは冷凍するのも良さそうです。

 

当サイトでは、スイーツに関するお得な情報をたくさんまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

スイーツ情報記事一覧へ

 



© 2021 お取り寄せスイーツ日和 Powered by AFFINGER5