オリゴ糖と蜂蜜の違い

オリゴ糖と蜂蜜の違いは?血糖値・含有量・デメリットについてや体に悪い?どっちがいい?や代用はできるかや混ぜると効果はあるかもご紹介

オリゴ糖と蜂蜜の違いについてですが…

効果がそれぞれ違うので用途によって分けて使うと効果的です。

こちらの記事では…

オリゴ糖と蜂蜜の効果や血糖値への影響の違いについてまとめており

オリゴ糖と蜂蜜はどちらが良いか?

オリゴ糖とはちみつのデメリットについて体に悪い?についてや

はちみつはオリゴ糖の代用ができるのか?

オリゴ糖とはちみつを混ぜると効果はある?についてもご紹介しています。

 

お腹の調子が悪い方におすすめな商品があります。

ネットのランキングでも上位に入っている人気商品がありまして

お腹の調子を整えてくれるオリゴ糖など成分が入っています。

良かったらこちから詳細を確認できるので試してみてくださいね! ↓↓

>>肌トラブルやお腹の調子整える!オリゴ糖入り「美粉屋ちょーぐると」

 

オリゴ糖と蜂蜜の違いについて 

オリゴ糖も蜂蜜も、甘味料の代用に使われる事が多い食材ですね。

使用用途も似ているこの2つの違いはどんな部分があるのでしょうか?

 

オリゴ糖と蜂蜜の違いは?

どちらも甘味料の代用として使われる食材です。

色合いには違いはありますが、良く似ていますよね。

では実際その違いはどんな部分にあるのか?

オリゴ糖は…

大腸まで吸収されずに善玉菌と一つとなって腸内環境を整える効果があります。

蜂蜜は…

体内に素早く吸収されてエネルギーとなり胃や腸への負担も少なく疲れを取りや体調が悪い時の身体の殺菌効果も持っています。

と言う違いがあります。

 

栄養価が高そうだから身体に良さそう!

という印象を持つ方も多いですが、実際はどうなのでしょうか?

 

オリゴ糖は食しても直ぐに消化も吸収も何もされないまま大腸まで届くので

エネルギーにはなりにくいですが、その代わり血糖値の上昇を抑える事が出来ます。

加えて、大腸に届くとオリゴ糖はビフィズス菌に吸収されて整腸作用を良くする効果もあります。

 

ハチミツの中にも実はオリゴ糖も含まれており栄養価は同じ様に高いのですが

ハチミツは食して直ぐに身体の中に吸収されてしまうので

甘さはオリゴ糖よりもしっかりと感じられますが、血糖値を下げる為には向きません。

 

​​​​はちみつとオリゴ糖の血糖値への違いは?

どちらも栄養があり身体に良い食品ですが、血糖値の差は実際どれ位あるのでしょうか?

オリゴ糖は…

食され身体の中に入ると、真っ直ぐに大腸まで届いて吸収されるのが遅い為、血糖値への影響が少ないとされています。

ハチミツは…
体内に入ると直ぐに吸収されて活力へと置き換わる為

その分、血糖値の上昇も高く砂糖程ではありませんが、影響が高いとされています。

 

今人気のビートオリゴ糖もおすすめの商品です。

ビートと言われる「甜菜」から抽出された高純度のオリゴ糖になります。

お子様からお年寄りまで使えるので良かったらこちらもチェックしてみてくださいね♪ ↓↓

 

オリゴ糖と蜂蜜はどちらがいい?

実際これら二つの食材ははどっちが良いのでしょうか?

結論を先にお伝えすると…

  • 整腸効果・便秘の為なら…オリゴ糖
  • 風邪や疲労回復の為なら…はちみつ

と言う風に、必要な理由によって答えは変わってきます。

 

甘さもオリゴ糖は蜂蜜の半分の甘さなので、そういった部分でも選択が別れてきますから

時と場合に合わせてご利用される事をお勧めします。

 

オリゴ糖のデメリットは?体に悪い?ハチミツについてもご紹介!

オリゴ糖のデメリットとは、何があるか?いついてまとめてみました。

体に悪い?についても解説していきます。

オリゴ糖のデメリットとは?

血糖値も上がりにくく、カロリーも控えめで腸内環境も整えてくれる健康にいい食品である事は間違いがありませんが

何事にも良い側面と悪い側面がありますので、より詳しくご紹介させてください。

 

オリゴ糖のデメリットは…?

 

甘味が物足りなく感じ使い過ぎてしまう。

1日の摂取量は、小サジ4杯位とされています。

砂糖に比べると甘味が少なく、ヨーグルトなどに入れる場合もたくさん入れてしまいがちです。

カロリーも砂糖より確かに少ないですが、入れ過ぎると糖分の取りすぎになってしまいます。

小匙4以上入れない様に注意が必要です。

 

◯摂取量が多過ぎる場合、身体へ悪影響が出る場合がある

難消化性であるとはいえ、全く身体に吸収されない訳ではありません。

・吐き気を感じる事がある

・お腹にガスが溜まる

・下痢になる

といった影響が出る場合があります。

 

オリゴ糖を初めて食べた場合など身体が慣れない為に強く作用してしまい

この様な症状が出てしまう場合もあります。

もしこの様な症状があった場合は、摂取量を確認した上で使用を控えるなどしてください。

 

少量は吸収されますから、血糖値が上がりにくいと思って取り過ぎると

結局糖尿病のリスクが上がってしまう事もあるのでご注意ください。

 

はちみつのデメリットとは?

自然生まれの甘味料のハチミツ、甘くて濃厚さが癖になりますよね。

蜂蜜は保湿効果が高く、殺菌効果も高いです。

ビタミンB群や、ミネラルも多く、美肌効果も高いので人気があります。

健康作用も強く良い印象しかない様で、厚生労働省は1歳未満の乳幼児へは食べさせては行けないと注意喚起もされています。

ハチミツを健康的に食べていく為に、注意が必要な部分もご紹介していきます。

 

蜂蜜のデメリットは…?

 

摂取過多による、体重への影響

蜂蜜に含まれる果糖が適量であれば影響は無いものの

1日40グラム(大さじ1杯で大体16グラム)以上摂取をすると

肝臓で中性脂肪に影響が出る事で肥満へと繋がっていきます。

砂糖よりもGI値が低いのに甘味がしっかりしている事から多用されがちですが、1日の摂取量は注意しましょう。

 

アレルギー発症する可能性

蜂蜜は蜜蜂が花から集めた蜜で出来ています。

その為、花の成分にアレルギーがある人、特に花粉症の人は注意が必要です。

ミツバチが持つタンパク質からアレルギーを発症した人も中にはいますので

アレルギー体質の人も摂取し過ぎない様にしましょう。

 

◯乳幼児にはボツリヌス症のリスクがある

1歳未満の乳幼児にはボツリヌス菌による症状のリスクが高い為、摂取してはいけません。

生のハチミツだけでなく、加熱しても菌は死なない為

はちみつを使っている食品にもリスクがあるので、注意してください。

ボツリヌス菌に感染すると以下の症状が出てきます。

・泣き声が小さくなる

・便が出なくなる

・哺乳する力が弱くなる

・ヨダレが増える

・頚部の筋肉が弛緩して首が座らなくなる

・全身の筋力が低下する

 

何故、1歳未満の乳幼児かと言うと、抵抗力が弱いからです。

大人であっても、過労などで抵抗力が極端に弱っている時に摂取すると、稀に感染する事があるので、注意してください。

 

◯下痢をしやすい

蜂蜜に含まれている整腸作用や活性化を促してくれる「グルコン酸」を摂取し過ぎると、

効果が強過ぎて下痢をしやすくなってしまう事があります。

 

はちみつはオリゴ糖の代用ができる? 

これらの食品を砂糖の代わりに使用している人にとって

切らしてしまった場合、この二つはお互いに代用が出来るかどうかご紹介していきます。

蜂蜜はオリゴ糖の代用は可能です。

成分の違いはこれまでにご紹介した通りですが、何より甘さが違います。

それにより、互いに代用は可能ですが、甘さの調整で入れ過ぎてしまわない様に注意が必要です。

 

実はハチミツの中にもほんの一部ですがオリゴ糖が含まれています。

そういった意味でも、仲間といっても良いのかもしれませんね。

 

オリゴ糖とはちみつを混ぜると効果はある?

それぞれ単体の商品が主流ですが、実は両者を組み合わせると効果はあるのでしょうか?

混ざると互いの良さを活かして中和していきます。

 

オリゴ糖入り はちみつ

配分は商品によって様々ですが、両方の良いところを取り入れて

その上でお値段もオリゴ糖よりはお高いですが、純正ハチミツをよりお買い得に試せる値段設定となっています。 ↓↓

 

味わいもただ甘いシロップでもなく、蜂蜜の濃厚な癖も少なくとても食べやすくなっています。

はちみつを買うと1000円位はしてしまう事を考えるとこのお値段で購入が出来るのは魅力的ですよね!

 

​​はちみつ×高麗人参×オリゴ糖

こちらの商品は、​​はちみつ×高麗人参×オリゴ糖 と言う組み合わせの商品となっています。

二つの効果に加えて、高麗人参が胃腸の働きを助ける事でカバーしてくれる商品です。

 

お値段は少し高めになっていますが、栄養価が本当に高い商品と言えます。

 

お腹の調子が悪い方におすすめな商品があります。

ネットのランキングでも上位に入っている人気商品がありまして

お腹の調子を整えてくれるオリゴ糖など成分が入っています。

良かったらこちから詳細を確認できるので試してみてくださいね! ↓↓

>>肌トラブルやお腹の調子整える!オリゴ糖入り「美粉屋ちょーぐると」

 

当サイトでは、スイーツに関するお得な情報をたくさんまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

スイーツ情報記事一覧へ

 



© 2022 お取り寄せスイーツ日和 Powered by AFFINGER5