ナッツ

ピーナッツは太る?ピーナッツバター・ピーナッツチョコ・ハニーローストピーナッツについてや効果効能や栄養や1日の摂取量は?

ピーナッツは太る?についてですが

食べる量に気をつけていれば太りにくい食べ物だと言えます。

こちらの記事では…

ピーナッツはなぜ太りにくいのか1日おすすめな摂取量についてや

ピーナッツバター・ピーナッツチョコ・ハニーローストピーナッツは太る?こちらも大調査しており

効果効能栄養成分を表にまとめており

ピーナッツの食べ方は?いつ食べるのがおすすめ?についてもご紹介しています。

通販で人気の商品は、無添加・無塩のピーナッツです!

こちらの商品は美味しくて安心して食べれると売れています。

良かったらチェックしてみてくださいね。 ↓↓

ピーナッツは太る?

お菓子やおつまみによく使われているピーナッツ。おいしくてついつい食べてしまいますね!

ナッツ類は健康にいいイメージがありますが、意外とカロリーが高くて太るか気になりますよね。

「ピーナッツは太るの?」そんな疑問を解消すべく、さまざまな商品を調査しました!

ピーナッツは太る?1日の摂取量について

ピーナッツはカロリーが高く脂質も多いので、太るイメージがありますが…

実は太らないという調査結果があります!

なぜかというと…

ピーナッツには食物繊維が豊富で、満腹感を感じたり、整腸作用により排便を促進する働きがあるためのようです。

ピーナッツを多く食べる人はそうでない人に比べて、食生活を気をつけている人が多く、タンパク質や亜鉛などの栄養をバランスよく摂っている傾向にあるのだとか。

おもしろい調査結果ですよね。

では、食べすぎるとどうなるのでしょうか?

ピーナッツは30粒でご飯1膳分程度のカロリーがあるため、食べすぎには注意が必要です。

ピーナッツの半数近くが脂質できています。

太る部分について解説しますと食べ過ぎてしまうと、中性脂肪やコレステロールに身体に良い脂肪酸から変化し、内臓の周りや、皮下や肝臓に蓄積し、太ってしまうことになります。

ピーナッツの食べすぎは、インシュリンを大量に分泌するため血糖値が上がりやすくなります。

インシュリンは脂肪細胞蓄積するので、太る原因となります。

一日の摂取量は30粒を上限に食べるようにしましょう!

ピーナッツバターは太る?

100gあたり500kcal以上あり太るイメージの強いピーナッツバターですが…

実は糖質が低く、血糖値の上昇を緩やかにするため、太りにくい食材です。

太らないようにするポイントは…

 ・適量を守ること(1日大さじ1杯程度)

 ・無糖タイプのものを使うこと

です!

こちらも食べ過ぎたら太りますので注意が必要です。

ピーナッツバターとは異なりますが、こちらもおつまみの定番のバタピーも太りにくいようです。

一般的なバタピーは、100gあたりに含まれるカロリーは592kcal、糖質は11.4gとなっていますので

食べ過ぎたら太ります。

ただ、1日にそんなにたくさんの量が食べれないので、太らないとされているようです。

バタピーも食べる量に気をつけてくださいね。

こちらの国産・無添加ピーナッツバターも人気♪

パンい塗ったり甘さが欲しい方は黒糖と一緒に食べても美味しいですよ。

ピーナッツクリームは太る? 

体に悪いイメージもあるピーナッツクリーム。カロリーは100gあたり588kcalもあるようですが…

太らない!という声もありました。

1日に食べる量は、大さじ2杯がおすすめです。

ピーナッツクリームには脂質がたっぷり含まれ、しっかりと満腹感を感じることができるので、食事制限中の口寂しさを抑えることができるからです。

食事制限がうまくいかない!という方は試してみてはいかがでしょうか。

ただし、こちらも食べ過ぎると太るの量には注意しましょう。

ピーナッツチョコは太る?

おやつに最適なピーナッツチョコはどうか見ていきましょう。

ピーナッツチョコ自体は太る原因とはなりませんが、チョコには砂糖がたくさん使われており糖質が高いので食べすぎると太ります。

ピーナッツチョコ1粒の糖質量は2.5gほどなので、数粒食べる分には問題ないでしょう。

しかし、1箱毎日食べると当然太りますので注意しましょう。

ハニーローストピーナッツ太る?

ポリポリとした食感がクセになり、甘くておいしいハニーローストピーナッツ。

そのカロリーは100gあたり550kcalもあります。しかし、一概に太るとは言えなさそうです!

理由は、100gあたりの糖質量が15gと低めなこと。

糖質制限中の方のおやつには向いていそうです!

ただし、他のおやつと一緒に食べたり、お酒と一緒に食べたりすると摂取カロリーが高カロリーとなってしまうので食べ過ぎは禁物です。

ピーナッツの効果効能は?

ピーナッツには、嬉しい効果、効能がたくさんありますのでご紹介したいと思います。

そんな効果、効能があるかというと…

  1. 便秘予防・腸内環境改善
    不溶性食物繊維が腸の動きを活発にします。
  2. アンチエイジング
    ビタミンEの一種であるα-トコフェロールには抗酸化作用があります。
  3. 肥満予防
    GI値が低いため、血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。また、ピーナッツに含まれるアミノ酸には脂肪燃焼効果があります。
  4. 貧血予防
    マグネシウムとビタミンEが豊富に含まれ、血行促進効果があります。
  5. ガン・生活習慣予防
    ピーナッツに含まれる不飽和脂肪酸には悪玉コレステロールを抑制したり中性脂肪を下げてくれる働きがあります。
  6. 認知機能向上
    リンの一種であるレシチンが脳の神経細胞の働きを活性化させてくれます。
  7. 二日酔い防止
    ビタミンB3の一種であるナイアシンが肝臓の働きをサポートします。夜のおつまみにピッタリ!
  8. 血管強化・血圧低下
    ビタミンEやポリフェノールが血管を強くしてくれます。

ピーナッツの効能、恐るべしですね!

ピーナッツの栄養は?

ピーナッツに含まれる栄養は、どんなものがあるのでしょうか?

ピーナッツの効果・効能と併せて整理してみました♪

【ローストピーナッツの栄養素(100gあたり)】

栄養素成分量効果
エネルギー585kcal-
タンパク質26.5g筋力強化
脂質(不飽和脂肪酸)49.4g(39.19g)ガン・生活習慣病予防
炭水化物19.6g-
食物繊維7.2g便秘予防・腸内環境改善
ナイアシン17.0mg二日酔い防止
ビタミンE18.3mgアンチエイジング・血管強化
カリウム770mg血圧低下
マグネシウム200mg貧血予防
リン390mg認知機能向上
1.7mg貧血予防

カリリーは100gあたり585kcalありますね。食べ過ぎはよくないですが

ピーナッツには、健康をサポートする栄養素がたっぷりですね!

ぜひ日々の食生活に効果的に取り入れていきたい食品です。

ピーナッツの食べ方は?いつ食べるのがおすすめ?

では、ピーナッツはいつ食べるのがいいのでしょうか?

食べ方のポイントを調査してみました。

  1. 食前や間食として食べる
    カロリーが高いピーナッツ。夜はカロリー消費が減ってしまうので、日中の食前やおやつの時間に食べるのがおすすめです。
  2. 1日30粒までに抑える
    健康に良いピーナッツですが、カロリーが高いので食べ過ぎには注意しましょう。
    また、食物繊維が豊富なため、食べすぎると下痢や腹痛の原因となります。
  3. 渋皮つきのまま食べる
    渋くてあまり美味しくないイメージのある渋皮ですが、ポリフェノールがたくさん含まれています!
    渋皮もしっかり食べることで、アンチエイジング、美肌効果、認知機能向上の効果が期待できます。
  4. 素焼きのものを選ぶ
    砂糖や塩の入ったものは高カロリーになったり、塩分の摂りすぎになってしまうことがあります。
    なるべく自然のピーナッツに近い、素焼きのものを選ぶようにしましょう。
  5. 新鮮なものを選ぶ
    ピーナッツには脂質が多く含まれています。脂質は酸素と結びついて酸化し、味が変わってしまうことがあります。
    できるだけ新鮮なものを選ぶようにしましょう。

通販で人気の商品は、無添加・無塩のピーナッツです!

こちらの商品は美味しくて安心して食べれると売れています。

良かったらチェックしてみてくださいね。 ↓↓



© 2022 お取り寄せスイーツ日和 Powered by AFFINGER5