さつまいもの輪切りはレンジで何分?

さつまいもはレンジで輪切りは何分?レンジでねっとり柔らかく蒸す方法やゆで時間は?冷凍・解凍方法とおやつやおかずの簡単レシピをご紹介

さつまいもの輪切りはレンジで何分?ですが…

約150gで、600wで3分30秒ほどを電子レンジで加熱すると良いでしょう。

こちらの記事では…

さつまいもをレンジでねっとり柔らかく蒸す方法

さつまいも輪切りのゆで時間についてや

簡単おやつにもおすすめ♪さつまいもをつぶすレシピ

さつまいもは冷凍できる!レンジでの解凍方法もご紹介しています。

 

さつまいもによって甘さが変わりますよね!

通販で美味しいさつまいもをお取り寄せすることができますよ♪

「紅はるか」など人気商品もあるので

良かったらこちらからチェックしてみてくださいね!  ↓↓

 

さつまいもの輪切りはレンジで何分?

さつまいも輪切り約150gの場合、600wで3分30秒ほどチンすると良いでしょう。

とはいえ、「電子レンジを使って蒸すとうまくいかない…」「固くなる…パサつく…」というイメージをお持ちの方もいるのではないでしょうか?

その原因は、さつまいもが乾燥して水分が逃げてしまっていること。

 

電子レンジで上手に仕上げるには、いくつかコツがあります!それぞれ解説していきますね。

水に浸けてアク抜きをする
 輪切りにしたさつまいもは、水に浸けておきましょう。
 アクは身体に悪いものではありませんが、さつまいもが黒くなってしまう原因になります。

濡らしたキッチンペーパーでさつまいもを包む
 水分を補い、パサつきを防ぎます。

ラップに包む
 キッチンペーパーの上から、さらにラップで包むと乾燥を防ぐことができます。

電子レンジによって差があるので、様子を見ながら試してくださいね♪

 

さつまいもをレンジでねっとり柔らかく蒸す方法!

「焼き芋は好きだけど、ただ蒸しただけのさつまいもはもの足りない…」

という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

電子レンジだけで、ねっとりと、まるで焼き芋のように「柔らかくする方法」もあるんです!

その方法をご紹介していきますね。

ラップではなくビニール袋とキッチンペーパーを使っていきますよ!

レンジでねっとり柔らかく蒸す方法♪

材料

さつまいも(中くらい):1本
キッチンペーパー   :1枚
ビニール袋      :1枚

【作り方】

・さつまいもを洗う。
・キッチンペーパーをしっかりと濡らし、さつまいもを包む。
・キッチンペーパーで包んだサツマイモを、ビニール袋に入れる。
・電子レンジ600wで1分30秒加熱する。さらに200wで10分間加熱する。
・温かいうちにキッチンペーパーをはがし、完成。

【ポイント】

キッチンペーパーはびしょびしょの状態でさつまいもを包むと、水分を逃さずねっとりと仕上がります♪

 

蒸し器を使って簡単にさつまいもを茹でたい!

そんな方にはおすすめな蒸し器があるんです♪

お手頃価格でふっくら蒸せると人気の商品!

良かったらこちらからチェックしてみてくださいね。  ↓↓

 

 

さつまいも輪切りのゆで時間は?

「時間をかけずにさつまいもを茹でたい…」という場合は、5分程度でゆでることもできます!

その方法をご紹介していきますね♪

さつまいもの茹で方♪

材料

さつまいも:適量
塩:適量(水1Lに対し10g程度)

作り方

さつまいもを洗い、1cm幅の輪切りにする。
さつまいもを鍋に入れて、しっかりと浸かるまで水を入れ、塩を加え、火にかける。
沸騰したら火を弱め、5分ほど茹で、竹串で刺してスッと通れば完成。

【ポイント】

黒く変色するのを避けたい場合は、さつまいもを切った後に水にさらしてください。

 

レンジでうまくできない方は、茹でる方が失敗も少なくできるでしょう。

一度お試しくださいね。

 

さつまいもをつぶすレシピをご紹介!離乳食・おやつ・おかずに♪

スイートポテトなど、さつまいもを使ったお菓子も人気ですが、バターや塩を使った甘じょっぱいレシピも人気を集めています。

特に、さつまいものマッシュポテトは、サラダや肉料理の付け合わせ、お弁当にも使える万能おかず!

早速レシピを紹介していきますね♪

さつまいものマッシュポテト♪

材料

さつまいも:1本
牛乳:大さじ2
バター:10g
塩:適量

作り方

・さつまいもは厚めに皮をむき1cm幅に切り、さらに4等分にする。
・5分ほど水にさらす。
・水気を切り、耐熱容器に入れ、水を大さじ1程度加える。
・ふんわりラップをし、600wで5分程度加熱する。水気があれば切る。
・熱いうちにフォークで潰し、牛乳、バターを加えてなめらかになるまで混ぜる。
・お好みで塩を加え、完成。

 

【ポイント】

注意するポイントとしては、さつまいもの品種や硬さによっては水っぽくなるため、牛乳は少しずつ加えてください。

 

そのほかにも、さつまいもを潰して丸めて焼いたりする「ハッシュポテト」や、

さつまいもを「塩バター焼きするレシピ」や「さつまいものコロコロ焼き」も人気ですよ♪

どれも簡単なものばかりなので、こちらのレシピも参考にしてみてくださいね。

 

さつまいもは冷凍できる!レンジでの解凍方法もご紹介

さつまいもは冷凍保存ができます。

調理方法別の冷凍方法をご紹介しますね。

生のさつまいもを冷凍する場合

【生のさつまいもの冷凍方法】


・さつまいもを綺洗う
・好きな形に切る(輪切り、イチョウ切りなど)
・10分ほど水にさらす
・キッチンペーパーで水気を切る
・容器に入れ、冷凍庫で保存する

生で冷凍すると、黒くなった、という意見もありますね。

黒くなるのが気になる方は、一切れずつラップで包んでおきましょう。

空気を触れにくくし、変色を防ぐことができます。

凍ったまま煮物に入れることも出来るので便利です♪

さつまいもを茹でてから冷凍する場合

解凍後、あまり時間をかけずに調理したい場合は、茹でてから冷凍するのがおすすめです。

【茹でたさつまいもの冷凍方法】

・さつまいもを洗う
・好きな大きさに切る
・10分ほど水にさらす
・竹串が通るまで電子レンジでチンするか、煮る
・キッチンペーパーで水気を切る
・粗熱を取り、容器に入れ、冷凍庫で保存する

重ならないよう容器に入れることで、必要な量を取り出しやすくなります!

潰してから冷凍しておけば、マッシュポテトや離乳食、お菓子作りにも活躍しますよ♪

焼いてから冷凍する場合

解凍後すぐに食べたい!という方は、焼いてから冷凍するのがおすすめ。

【焼いたさつまいもの冷凍方法】


・さつまいもを洗う
・好きな形状に切る
・10分ほど水にさらす
・焼き色がつくまで焼く
・粗熱を取り、ラップで包み、冷凍庫で保存する

 

さつまいもの解凍方法をご紹介!

冷凍したさつまいもは、自然解凍が基本です。

しかし、「時間がない!すぐに使いたい!」という場合は、電子レンジで解凍することもできます。

その場合は解凍モードを使用します。

加熱しすぎると固くなったりパサつく原因になるため、こまめに様子を見ながら向きを変えるなど調整してくださいね♪

 

通販で美味しいさつまいもをお取り寄せすることができますよ♪

「紅はるか」など人気商品もあるので

良かったらこちらからチェックしてみてくださいね!  ↓↓

詳しくはコチラのページをCHECK!

しっとりさつまいも(楽天市場)

しっとりさつまいも(Amazon)

しっとりさつまいも(Yahoo!ショッピング)

 

当サイトでは、スイーツに関するお得な情報をたくさんまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

スイーツ情報記事一覧へ

 



© 2022 お取り寄せスイーツ日和 Powered by AFFINGER5